MENU

アフターピルを即日で発送してほしいなら即日通販サイトで

アフターピルはモーニングアフターピルとも呼ばれています。用途の目的として、性交後24時間以内の服用すれば約95%の確率で避妊が可能となる緊急避妊薬です。通常のピルとは用途が全く違います。

 

アフターピル,即日

 

アフターピルが必要な時はこんな時

アフターピル,即日コンドームが破けてしまった
アフターピル,即日妊娠を望んでいない時
アフターピル,即日パートナーに断れず避妊用具無しで性行為をしてしまった時
アフターピル,即日妊娠に対しての不安感があった時

 

アフターピル,即日

 

アフターピルが通販で売れている理由
国内の産婦人科でアフターピルを処方して頂く場合、診察処方でかかる料金は約13,000円~15,000円程度と言われております。 保険適用外になる上に、高額になってしまいます。また処方の記録も残ってしまいます。

 

そんな中で通販でアフターピルを購入すると、値段も安く、即日発送ですぐに届く為、女性が自身の体の事を考えて、常備する方が増えています。

アフターピル(モーニングアフターピル)ランキング紹介

アイピル(アフターピル)は日本の薬局などで市販されてなく、簡単に手に入れることができません。産婦人科へ行き処方してもらうしか手に入りません。また保険適用外なので、金額も1万円~となり高額です。

 

しかし、通販であればアイピル(アフターピル)を購入することができます。通販だと心配と思われるかもしれませんが、販売されているアイピル(アフターピル)は日本の産婦人科で処方される薬と同じ薬です。要は日本の法律が問題で簡単に手に入らない状況になっているんです。しかも保険適用外にして法外な金額を請求してきますし。

 

ここで紹介する売れ筋は知名度も高く、日本の産婦人科でも処方され、購入しやすい金額順にしてあります。

 

アイピルはモーニングアフターピルと呼ばれる緊急避妊薬で、LNG法(新アフターピル)は性交後24時間以内の服用で約95%で避妊が可能という実証データがあります。
日本初の緊急避妊薬として販売されている、ノルレボ錠のジェネリック医薬品です。
コンドームが破けてしまった・妊娠を望んでいない時など、避妊失敗時の緊急事態などに活躍する避妊薬です。

 

アイピルは日本で『ノルレボ錠』という認可され販売されている緊急避妊薬のジェネリック医薬品です。
ノルレボは一般的にクリニックや病院などでで処方される緊急避妊ピルになります。
そのノルレボの成分とほぼ同じであるi-Pill(アイピル)は信頼性の高い緊急避妊ピル・アフターピルです。
同成分のため、同等の安全性と効果があります。主にプロゲステロン薬(黄体ホルモン薬)と呼ばれる種類の薬です。
黄体ホルモンが体内バランスをコントロールし、卵巣からの排卵を停止させ妊娠を防ぐ効果をします。また、すでに排卵している時は、その卵子と精子の受精を防ぐ効果があります。

 

アンウォンテッド72(Unwanted72)は緊急時避妊薬(モーニングアフターピル・事後避妊薬)呼ばれている、通常のピル(避妊薬)は周期で毎日服用するタイプの避妊薬とは違い、唯一の性交後に避妊効果のあるお薬です。
コンドーム使用時の避妊率は80%程度と言われています。モーニングアフターピルは、「予期せぬ事が起こってしまい、避妊が出来なかった」「コンドームが破けてしまい、避妊出来なかった」等の想定外の事態で、性交後に避妊をしたい場合や妊娠を避けたい場合などに、ホルモンバランスを調整する事で妊娠を防ぐ為の避妊薬です。
緊急避妊薬を常用する事は出来ませんので、避妊を続けたい方は低容量ピル等の常用するタイプをご使用下さい。

 

日本国内では同様の緊急避妊薬では、「ノルレボ錠」がありノルレボと同じ有効成分である、「レボノルゲストレル0.75mg 」が配合されています。
アンウォンテッド72(Unwanted72)はノルレボジェネリックです。
海外ではピルはポピュラーな物であり、薬局で手軽に買う事が可能なお薬です。
日本国内では薬局で購入する事は出来ないため、産婦人科で緊急避妊薬を処方して貰う場合は、ノルレボの処方が多いですが、診察料と処方箋とお薬代で1万円程度の費用がかかりますので、10%程度の価格にて購入する事が可能です。

 

エラワン(緊急避妊薬)は性交後120時間位内の服用で約85%、72時間位内の服用で約95%で避妊が可能なアフターピルです。
既に、妊娠反応が出ている方・妊娠中の方の中絶目的では使用できませんので、ご注意下さい。
従来品より、1錠で飲み忘れのリスクを減らし、使用の時間制約も伸びています。
女性が自身の体の事を考えて、常備する方が増えています。
緊急時用で常用ではありませんので、ご注意下さい。

 

エラワンは、安心で安価な世界のジェネリック薬品が進める「緊急避妊薬(モーニングアフターピル)」です。
また、「ノルレボ錠」よりも効果が得られるとされ、話題の第3世代の避妊薬になります。

 

私がアフターピルを使ったときの体験談をお話します

結婚してからも商いを続けていて、アッという間に子供ができると商いにハードルが出てしまうので、しばらくは子供を作らないと夫婦で話し合ったいました。そのため、夜の人生のときはしょっちゅうコンドームをつけてしっかり避妊をしていました。

 

コンドームをつけていても万一のときのためにピルを服用していたのですが、ピルがきれてしまい、産婦人科に行かなければいけないと思いつつ、多々忙しない日が続いていたので、産婦人科に行くことができずにいました。

 

ピルを飲んでいなくてもコンドームをつけていればグングン避妊ができるだろうと思っていたのですが、とある時期、言動の後に男性がひょっとしたらコンドームに穴が開いていたかもしれないと言い出しました。

 

コンドームを外したときに小さな穴が開いていたような感じがしたけれど、はっきりとは確認ができなかったので、ひょっとしたら何の部分も弱いかもしれないと言っていたので不安になりました。たっぷり時間をとって産婦人科に行ってピルを服用していればよかったと自責しました。

 

穴が開いていなかったかもしれないので、よく避妊ができていたという可能性もあるのですが、今妊娠してしまうと店先に大きな迷惑を掛けてしまうので、今妊娠しては困るときつく思うと不安になってきました。

 

男性は大丈夫だろうとのんきなことを言ってどうしても気に留めていなかったので、そんなメンズの仕業にも腹が立ちました。いかんせんと考えていたときに、漠然とアフターピルを持っていたことを思い出しました。アフターピルは、言動の後に服用するピルです。

 

産婦人科で受胎は計画的に行いたいということを話していたら、先生が万一のときのためにとアフターピルも処方してくれていたのです。以後ピルを飲み続けていたので、このピルを飲むことはなく、取り出しの中に入れたままにしていました。

 

その形態を思い出したので、ピルを取出し、簡単な仕様がついていたので目を通しました。アフターピルは、言動の後述72契機以内に服用しなければいけないと書いてあったので、アッという間に服用しました。後日、12契機後に二度と服用するようになっていたので、12契機後にとっくに1粒を服用しました。

 

これで大丈夫だろうと思ったのですが、それでも月経が来るまでは不安でした。本当に月経が来るまでは妊娠していたらいかんせんとそのことがずっと頭の中にあったのですが、それから2ウィークくらいで月経がきたので重宝しました。万一のときのためにアフターピルを持っていてよかったです。

アフターピルの知識をつけましょう

先々避妊薬(アフターピル)の結末
~性行為後のトレンドと結末~
■性行為後から常時以内の実例 : 約95百分比以上のおめでた解放の結末
■性行為後から25~48トレンド次 : 約85百分比のおめでた解放の結末
■性行為後から49~72トレンド次 : 約58百分比のおめでた解放の結末
上記のように過去の避妊がエライ臨床内容に基いて記載しております。
※性行為後からの順番瞬間が経つにつれ、その結末の解放%は下がっていきますので、気づいたらお早めに服用することをおすすめ致します。

 

アフターピル,即日

 

アフターピルの主な反応
基本的には、どのアフターピルにも同じ反応がありますが、アフターピルによって相当異なる場合もありますので、購入前には確認をしてから購入してください。

 

・吐き気
・腹の痛み
・疲弊
・頭痛
・曲事子宮出血
・生理ループの狂い

 

アフターピル,即日

 

のみ合わせによる反応

 

下記の場合はごアラート下さい
■おめでた時の方法は消費できません
■他のケアを受けられている方法

 

服用前に本当にドクターにご課題下さい。

 

以下の反応が報告されています。
■胴の痛み・膨らみ
■疲弊
■嘔吐
■むくみなど

アフターピルをもっていなくて焦った体験談

若い頃は自分がおめでたしやすい風習だと知らず、こんな伸びもなく簡単にコンドーム無しの性行為をしていて当たり前ですが懐妊。

 

学徒の状勢の数字中絶オペを受けました。知識がなかったから…なんて歪曲しかできず、カラダにも心にもキズをつけました。アフターピルのことを知ったのはその中絶オペを受けた病棟でした。

 

理想やナースの側に「きちんと避妊をしないと懐妊は誰でもする手立て。避妊をしない男性は、あなたの事を大切には思っていないって組織なんだから、簡単にセックスをしてはいけない。

 

ただ、避妊をしていても何か面倒があった時は、アフターピルといってセックスした後に丸ごと飲めば避妊成功率が高まる薬があるから」と教えてくれました。アフターピルは、実質レイプや望まない懐妊等のら品行をしたりする薬ですが、あなたの男性が避妊に手助け類でなかった場合にも女性が身を守る為の薬、とも説明して頂きました。

 

中絶オペの積み増しが怖くて、産婦人科に行くことにも恐怖を感じるようになってしまったわたしには、アフターピルを処方してもらう為の通院にも反発を感じてしまっていたので、セックス自体が消極的になってしまいました。

 

お交際をする他人が出来ると、あのときの問題が忘れられず、セックスを拒否するようになっていて、当時の彼氏は不振に思いわたしに何度も問いかけました。

 

やっとの覚書演説をしたら、私のメンタルを理解してくれて、あまりに避妊はするし、もし心配なインターネットでもアフターピルを購入することが出来ることを調べ、購入してくれました。

 

大切にしたい彼氏が、ここまでしてくれた真実に喜びと感激し、まだまだその彼氏が男性となりました。

今回はセーフでしたが今後アフターピルを常備しようと心に誓った体験談

避妊に関して十分な知識を持っていなかったかもしれません。メンズ横のコンドームを規則正しく装着していれば避妊が100パーセント成立すると単純な気持ちで若者から20代までを過ごしていました。

 

女と長く付き合う上で、性に関しての知識や通知が欠如だとダメだと思い、自分なりに領域しました。望ましい読解を持って、お関係をしたいと本気で思ったからです。その中で、セックスにおけるコンドームの不運が多いと知り、しっかりビックリしました。今まで個々人や女が当たり前のように使っていたものだけではダメだと思い知らされたからです。

 

アフターピルという存在を知ったのもその時です。かつてピルは知っていました。それでも、ピルが欧米では普通に女房横が使用している状況までは知らなかったのです。女房横の避妊の読解として、ピルを服用することが一般的だとは納得でした。メンズ横のコンドームと女房横のピルで望まない懐妊は避けられるとその時ようやく知りました。

 

決して考えると、これまで女と付き合ってきて、セックスにおけるメンズ横のコンドームのやり方も100パーセント規則正しくなかったですし、正しく使っていても不運で破れることもあると知り、アフターピルを続続持っていたほうが上手いと思いました。いつでも女性クリニックに行けるとは限らないですし、飲むタイミングも限られているので、それならば自分で常備しておくことが器用内偵だと思ったからです。